読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐log

征くのです

オーレンジャー20話~39話(飛ばしあり)

戦隊シリーズ
20話(マシン獣バラボクサー)
ボクサーの敵だけに格闘多め。特撮は、おもちゃを売らないといけないため、色々な武器が登場していたから、この展開は新鮮で素晴らしい。最近は戦隊だけでなく、ライダーも武器を多用するようになってしまったなぁ。ここらへんで一発格闘タイプの無骨なライダーないしは戦隊が出てきてくれないかしら。
レッドパンチャーの射出シーンは恐ろしくかっこいい。とくに、減速するときの空中2回転は見もの。あんなにかっこいい登場シーンは中々ない。
 
23話
水着回。話といいBGMといい迷走感は隠せないけど、役者のアクションシーンが多く満足。水着で森や川でのアクションは痛いのによくやりますわ。その点では体を張ってていい。
 
27話
やっぱ、追加キャラが出てくるのは熱い。無双状態だし。しかし、あの女戦士のロボットデザインはどうにかならないのか。。。カメラアングルといい攻撃方法といいAパートのかっこよさをすべて持って行かれしまった。おまけにAパートで無双してたやつがもう敵になってやがる。これ別枠でやってもよかったのでは?ここでそんなに急いでどうするのだろう。
 
28話
キングピラミッダーの癖が強い感じが最高。動けないとかメカを乗っけるだけとか。バトルフォーメーションになるときに落ちる砂はかっこいいけど、実際はあんなに乗ってないだろ。どんだけ地面に埋没しているの。
 
32話
このマシン獣、完全に私欲で動いてる。オーレンジャーを見ていてつくづく思うのは、ほんとにこいつら機械かよということ。少しくらいは人間臭いほうがキャラとしてはいいんだけどねぇ・・・。
この内容は今だったら絶対に放送できない。だって少女を誘拐して監禁ですよ。しかも時間まで止めてるから年取らないし。ロリコンの理想像を見事に表現してる。
最後は無事に帰ってきてよかったエンドだけど、このラストでいいの?どう考えても後味悪すぎませんかね?11年のブランクを適当に扱いすぎ。あの家族は再開を喜んでたけど、他の家庭はどうなんよ。幽霊かなにかとしか思われないでしょ。今回は、話が終わったあとのことを考えるとすごく怖くなる回でした。
 
33話
オーブロッカー登場回。オーレンジャーはいつのまにニンジャブラックの技を身につけたんだ?戦闘シーンはウルトラ兄弟対怪獣軍団かな?グリーンブロッカーの水中戦闘シーンはなんとなく記憶にある。
 
34話
皇帝ほんとにこれでお役御免なの?まだ34話ですけど。今回、突っ込みどころ多すぎ。ブルーは完璧に軍法会議ものでしょう。命令違反、単独行動、ロボットの故障。ほんとに軍組織か?
しかも、特訓回というね。これぞスポ根特撮の真骨頂。ネタなのかマジなのかの区別がもうつかなくなった。
オーブロッカーはかっこいいのでよしとします。二刀流で宮本武蔵、必殺技は長尺の剣で佐々木小次郎と見事なハイブリット。
 
36話
タックルボーイがなんの前触れもなく登場。こんなのありかよ。ガンマジンとかいたなぁ。
 
39話
開始4分でタイトル回収。ぶっちゃけ黄金の話はおまけ程度に見ておけばいい。まさかこの話で次週まで引っ張るとは・・。
それよりも、バッカスフンドが生きていたのが驚き。しかも、よくわからない星に首だけとか意味不明すぎる。あれが本体だったとかいうオチ?どうみても復活するよなぁ。
しかも次回また謎の新キャラ登場。しかもロボットで女設定。彼女が皇帝バッカスフンド復活のための鍵じゃないの?雰囲気的にただの刺客というわけではなさそう。
つーかガンマジン帰ったんじゃないのかよ。
 
以下、探したら色々見つかった物
超力戦隊オーレンジャー超全集

超力戦隊オーレンジャー超全集

 

   

 

  KindleAmazonビデオでこんなものまで配信されるようになるとは・・・

本編ではないけどいいことですな。